« 2011年1月 | トップページ

2011年5月の3件の記事

『邪神宮』サイン会☆宇野亜喜良・高橋葉介・三浦悦子

『邪神宮』第二期「深~The Deep~」が銀座スパンアートギャラリーにて開催中です☆
2011年5月 24日 (火) ~ 6月 4日 (土)迄。最終日は午後5時閉廊ですのでご注意下さいね☆

明日5月28日(土)は『邪神宮』出版記念サイン会が開催されます。

なんと、三者合同。

宇野亜喜良・高橋葉介・三浦悦子(敬称略)の三作家様全員からサインが頂けまする。

【2011年5月28日(土) 17:00~18:30】詳細は銀座スパンアートギャラリー
へお問合わせ下さい。<br><br>児嶋都もスタッフとして参加しております♪
みなさまお待ちしておりまする♪

渋谷Bunkamuraギャラリー『生と死の幻想』に参加します5/18~5/30

【邪神宮】「邪~The Evil~」開催2011年 5月2日(月)~5月14日(土):銀座ヴァニラ画廊
【邪神宮】「深~The Deep~」開催2011年5月24日(火)~6月4日(土):銀座スパンアートギャラリー

2回の展示の間には一週間ほど間が開きます。その間から始まる展示に参加しますので、お知らせです☆

渋谷Bunkamuraギャラリー  eros / thanatos 生と死の幻想
2011年5月18日(水)~5月30日(月)
出品予定作家

浅野勝美、東逸子、亜由美、愛美、イヂチアキコ、宇野亜喜良、大友暢子、佳嶋、胡子、児嶋都、清水真理、真条彩華、杉本一文、多賀新、建石修志 、恒松正敏、中嶋清八、永井健一、成田朱希、日乃ケンジュ、町野好昭、mican、村澤美独、アルビン・ブルノフスキー、エルンスト・フックス、オーブリー・ビアズリー、ハンス・ベルメール、ピエール・クロソウスキー、ボナ・マンディアルグ、マン・レイ、レオノール・キャリントン 他

営業時間 10:00~19:30 入場無料
※地震の影響による諸状況を鑑み、当面の間の営業時間を10:00~19:00とさせていただきます。



お問合せ Bunkamura Gallery 03-3477-9174

130446716772016127819_erosthanatos

ワナワナするほどの素晴らしい出展作家さん達です。

会期も長くなっております。ぜひぜひみなさまお運びくださいませ☆

新刊【邪神宮】&展示:クトゥルー神話プロジェクト☆

お知らせが遅くなりましたが、新刊が出ました。

そして新刊といっても、今回の本は児嶋都が監修させて頂いたという変わり種。その名も


『邪神宮』~闇に囁くものたちの肖像~  (学研パブリッシング刊)

H・Pラヴクラフトの創作したクトゥルー神話をモチーフに、美術・小説、と23名の創作者が集結したビジュアル・アートブック。神話競作集でございます。

書籍『邪神宮』の発行と共に、銀座の2画廊にて期間をずらして2回、展示会が行われます。

『邪神宮』展示会
第一期「邪~The Evil~」銀座ヴァニラ画廊
第二期「深~The Deep~」銀座スパンアートギャラリー

若干複雑なこのプロジェクト。イベントも各画廊で開催されます。
メディアファクトリーのWEB幽さんが、とてもわかりやすい告知ページを作って下さいました。大感謝なのでございます。
こちらをぜひご参考に→WEB幽●かつてないクトゥルー神話展「邪神宮」●
(この情報ではひとつだけ誤りが。「会場アートディレクター・山下昇平」さんは、ヴァニラ画廊さんが独自に依頼したもので、スパンアートギャラリーとは関係致しません。御了承下さいませ☆)


震災の影響で発売日が一週間遅れたものの、4月28日に発売され、現在全国各書店、そしてネット書店でも発売中です。
しかし、学研さんにお願いしておりますが字数等の問題で著者名が殆ど反映されておりません。版元である学研さんのサイトでも記載されていないという状態……。
WEB幽さんの上記記事で販売後すぐ記載して頂き、大変助かりました。重ねて感謝を。

●『邪神宮』参加作家●

【美術】
天野行雄・荒井良・伊藤潤二・井上雅彦・宇野亜喜良・小岐須雅之・京極夏彦・児嶋都・SONIC・高橋葉介・フランソワ・アモレッティ・三浦悦子・森馨・山下昇平・山本タカト
【小説】
岩井志麻子・平山夢明・嶽本野ばら・円城塔・飴村行・真藤順丈・黒史郎・松村進吉

書籍は、展示『邪神宮』の公式図録でもあります。
監修=児嶋都
解説=東雅夫(スーパーバイザー)
各作品解説=朝宮運河
学研 1995円 4月28日発売
書き下ろし小説8編とともに、全38展示作品をフルカラーで掲載の美麗本です☆

先日はイベントの開催されました。その模様や、奇跡の一冊と呼ばれている(笑)この書籍の成り立ちなど、このブログでまたお話してゆきたいと思っています。
ツイッターではリアルタイムでお知らせしていましたが、ブログで遅まきながらも取り急ぎの告知です。

クトゥルーにはじめて接するかたや、興味があったけれど未読だった方たちにも是非手にとって頂きたい。そんな気持ちで作られたプロジェクトです。

書籍・展示ともに、すこしでも多くのみなさまと出会えれば嬉しく思います!

bk1『邪神宮』


Vanira
Supan

« 2011年1月 | トップページ

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

twitter

  • Twitter

おすすめリンク

無料ブログはココログ

最近のトラックバック